スキルの見える化がリスキリングの効果を生む
~診断と変革のサイクルが導くDXトレーニングの設計方法~

2022年12月6日(火)11:00-12:00
受付中
スキルの見える化がリスキリングの効果を生む ~診断と変革のサイクルが導くDXトレーニングの設計方法~
日時

2022年12月6日(火)11:00-12:00

実施形式 オンライン(Zoom)
参加費 無料

対象となる方

本セミナーは「全社のDX推進・デジタル改革」を担当する人事やIT、経営企画の方向けのセミナーとなります。
DXを通じた「事業戦略の企画・DX新規事業の立案」を担う方や、データサイエンティストなどの「DX専任部署の立上げ」を担う方は対象としておりませんので、ご了承下さい。

このような方におすすめ

  • DXやリスキリングにおいて、何から取り組めばいいか悩んでおられる方
  • 現場のスキルレベルが把握できておらず、適切な打ち手に困っておられる方
  • 経営戦略実現のために、現場のリスキルに注力したい人事部または育成担当者の方

本セミナーで得られる事

  • DX施策・リスキリング施策においてまず取り組むべきスキルとは何か
  • リスキリング施策の効果向上に向けた「見える化」のポイント
  • 効果的なリスキル施策の他社事例のご紹介

セミナー概要

<リスキリング中級編②>
リスキリング施策のデザインの3つのポイント(戦略性・個別性・実行性)のうち、
状況把握のための「スキルのものさし」のデザイン(個別性)について解説します。

DXに向けたリスキリングにおいては、新たなデジタルスキルの獲得が必要ですが
「本当に必要なのか?」「何のスキルから取り組むべきか?」という問題がつきまといます。
また、役に立つリスキリング施策を準備しても
現場からは「もっと役立つものが欲しい」「現場では使えない」など
難しすぎる・易しすぎるといった声があがることも多いです。

本セミナーでは、DX・リスキリングにおいて「取り組むべきスキル」を整理した上で、
リスキリング施策を推進し、効果を高めるために必要な「見える化」のポイントをお伝えします。
2万人の調査データから見える業種別・職種別の傾向や
実際の取り組み事例のご紹介を通じた「生産性向上事例」をご紹介しますので
ご興味のある人事または育成担当者の方、風土改革担当の方にはぜひご参加いただければ幸いです。
使用ツール
本セミナーはビデオ会議ツール「zoom」を使用します。
受講URLや接続方法は申込み後にお送りいたします。

スピーカー紹介

株式会社リンクアカデミー
リテラシートレーニングカンパニー
カンパニー長 渡辺 隼太(Watanabe Hayata)
略歴
  • 2009年 リンクアンドモチベーション入社。
    大手企業向け採用コンサルティング部隊配属後、社長室に異動し
    自社の採用担当・採用責任者として従事。
  • 2017年 株式会社リンク・アイの代表取締役社長に就任。
  • 2021年 株式会社リンクアカデミーに異動し、現在の役職に至る。
渡辺隼太さん

セミナーお申込み

〈お申込みの前に必ずお読みください〉
本フォームは「スキルの見える化がリスキリングの効果を生む ~診断と変革のサイクルが導くDXトレーニングの設計方法~」の参加希望入力フォームです。
お申込み後、事務局よりお申込み完了メールが送信されます。稀に迷惑メールフォルダに入ることがございますのでご注意ください。

必須項目を入力し「この内容で申し込む」をクリックしてください。

※会社でご使用されるメールアドレスをご入力ください。フリーメールの使用はお控えください

このセミナーに関するお問い合わせは、下記メールにて受け付けております。

【お問合せ先】リンクアカデミー 法人研修事務局 
 MAIL:hojin_info@link-academy.co.jp

 

資料請求・お問い合わせ

Contact_背景文字

お電話でのお問い合わせ

月~金 10:00~19:00  10:00~17:00

研修サービス概要資料

1,000社以上の法人研修実績を誇るリンクアカデミーの提供する
各種研修・診断についてご紹介。

お問い合わせ

気になる点やご不明点はお気軽にお問合せください。
スキル診断の無料体験も可能です。
特長

リンクアカデミーの診断・研修について詳しく知る