業務効率化により従業員エンゲージメント向上を実現するリンクアカデミーの
DX推進研修

logo_aviva
DX推進
DX推進

貴社のDX推進、こんな課題ありませんか?

お悩み

何から手を付けるべきかわからない

DX推進を行ってほしい人材の知識が乏しい

若手や、情報システム部門に丸投げしている

システム会社に相談するにも、基本的な用語がわからない

SNSに代表される情報セキュリティ全般のリスクを知らない

創業以来約25年に渡る「個人のスキル向上」の実績
社員のスキルレベルに合わせたDXスキル獲得を支援

DXとは、「デジタル技術を用いて、従来のビジネスモデルや組織の体制・風土を根本から改革することで、市場に適応し競争優位性を高める」ことです。
そのため、企業によってDX推進の具体策は異なります。デジタル技術に精通した人材の育成だけではなく、社員全員が変化に適応できるだけの最低限のITリテラシー力を持っているかが重要です。

DX推進には、最先端のツールを導入すること、ではなく、社員一人ひとりの適応力を育むことが大切です。
リンクアカデミーの法人研修では、「Lowtech人材の業務効率化」の実現を主に支援しております。
お電話でのお問合せは
受付時間 月~金10:00~19:00 土10:00~17:00

リンクアカデミーのDXスキル支援が選ばれる理由

研修満足度98%

研修満足度98%

幅広い業種・業界の新入社員PC研修を実施。
新しい気づきが得られることはもちろん、学生から社会人としてPCを活用するイメージを持つことができる研修です。
選べる受講スタイル

選べる受講スタイル

一斉オンライン研修、一斉集合研修、個別学習研修など、様々なニーズに対応。
企業によって、新入社員研修への意味付けが異なるからこそ、幅広い研修スタイルをご用意しています。
数字でわかる研修効果

数字でわかる研修効果

「業務効率化のためのスキルを様々な視点から学べた!」という定性面だけでなく、研修前後に実施するサーベイでは、操作時間が約3割短縮する結果に。
※1 2021年1月~6月新入社員研修受講者のうち「新しい気づきがえられましたか」「スピードアップにつながるものでしたか」で「大変そう思う」「ややそう思う」と回答した方の割合
※2 2021年3月~6月研修受講者のうち、新入社員の研修前と後のエクセルスキルサーベイ操作時間の差
Link Academy Inc.
リンクアカデミーは、PC・ITスキルから資格取得、英・仏会話まで、ワンストップで提供するトータルキャリアスクール。 全国90拠点以上の教室で個人のスキルアップを支援してきた実績と、培ってきた学びのノウハウを通じて、企業の人材育成・スキル研修をサポートしています。
logo_aviva
CT教育サービスのプロ集団として、ビジネスシーンで必要とされるPC・ITスキルを指導するスクールブランド
logo_daiei
簿記・宅建士など資格取得により、就転職やキャリアアップを実現したい人のための資格専門スクールブランド
logo_rslc
マンツーマンレッスン、発音×英会話、オンラインレッスンノートなどを組み合わせた、英・仏会話スクールブランド
LMG_logo
株式会社リンクアンドモチベーション(プライム市場上場)が培ってきた人材育成・組織改革のノウハウを、スキルアップ研修に活用しています。

業種・業態を問わない1,000社以上の法人研修事例

sec05_company_01
sec05_company_03
sec05_company_04
sec05_company_05
sec05_company_06
sec05_company_07
sec05_company_08
sec05_company_10
sec05_company_11
sec05_company_12
お電話でのお問合せは
受付時間 月~金10:00~19:00 土10:00~17:00

DX推進「支援」におススメのプログラム

その他の研修もご用意、自社に合う研修を知りたい方はこちら

お電話でのお問合せは
受付時間 月~金10:00~19:00 土10:00~17:00

事例紹介

スキルの習熟と研修の効果を「見える化」するサーベイ

sec05_company_07
ネットワンシステムズ株式会社様
業種情報通信・ネットワークインテグレーター
従業員数2,560人(2021年3月31日現在)
case_img01
管理本部 人事部 中山 しおり 様

導入前の課題

  • ExcelやPCなどのビジネススキルの習熟が可視化できていない
  • コロナ禍で新入社員の研修期間が延長。人事主導で研修を実施する必要があった
  • 研修の費用対効果を求められた際、明確な回答が困難なケースも

導入後の成果

  • 研修前と研修後にサーベイを実施。スキルの習熟を可視化
  • 新入社員育成における、現場の負荷を軽減
  • スキルの達成基準がわかりやすく、研修の効果も「見える化」
当社では、新入社員の育成において3つの柱(自社サービスへの理解・ビジネススキル・ネットワークの基礎技術)を設定しています。
これまでは、ビジネススキルの一環としてライティング、リーディングなどの研修を行ってきましたが、研修の成果やスキルの習熟を測ることの難しさを痛感していました。
リンクアカデミーの法人研修では、研修前と研修後にサーベイでスキルの習熟を測ることができるため、研修の成果も一目瞭然。Excelに対して苦手意識を持っている新入社員もいる中で、配属前にレディネスを作れたことは、現場の指導者の負荷軽減につながっています。

「働き方改革」の答えは、PCスキル。新入社員を早期戦力化する育成方法

sec05_company_08
ニッタ株式会社様
業種化学・メーカー
従業員数3,001名(連結)
case_img02
人事グループ 課長 ※2021年9月現在 小西 博美 様

導入前の課題

  • 一人の担当する業務範囲が広く、業務効率化を促進する必要があった
  • デジタルネイティブ世代でありながら、新入社員のOfficeの使用レベルが高くない
  • 作業効率の低いPC操作を行う新入社員が多く、改善の必要があった

導入後の成果

  • 短時間で説得力のある資料を作れるようになり、現場からの評価も高い
  • 半年間の研修の中で、上達が目に見えてわかる
  • 配属先の上司との面談で、新入社員のPCスキルを評価する声が多い
リンクアンドモチベーションが開催した「働き方改革」セミナーで、「業務効率化の課題はPCスキルにある」という話を聞いて、PCスキル研修に興味を持ちました。
当社には新しいことにチャレンジする風土が根づいており、どうしても一人あたりの業務範囲は広くなりがちです。新入社員のPCスキルを底上げし、本来やるべき業務により多くの時間を使えるように研修を導入しました。
「伝わる」プレゼンを作るための時短テクニックに加えて、ストーリー設計や表現方法まで学べたことで、スライド作成が劇的に上達。
半年間の研修を通して、配属後に通用する「伝わる」プレゼンを、短い時間で作れるようになりました。

関連コラム

お電話でのお問合せは
受付時間 月~金10:00~19:00 土10:00~17:00